大陸日報

一般生活関連の反応を取り上げます

    タグ:ブドウ

    rubi-
    ルビーロマン。超高級ブドウです。

    去年の初セリでは1房120万円の値が付きましたが16日に行われた今年の初セリではそれを上回る1房130万円!

    この金額には中国人も大いに驚き、多くのコメントを残していますのでその一部をご紹介します。

     なお、通常は500gで7000円程度のようです
    それでも激高です・・・

    MRO北陸放送引用―

    石川県が開発したオリジナルの高級ブドウ「ルビーロマン」の初競りが16日朝、金沢で行われました。

    今年は、去年のひと房120万円をさらに上回る最高額となりました。

    大きな粒と強い甘みが特徴のルビーロマン。

    16日午前6時、金沢市中央卸売市場で行われたルビーロマンの初競りには石川県加賀市と金沢市、石川県かほく市の合わせて5つの農家で収穫された100房が並びました。

    中でも特に注目を集めたのが1粒概ね30グラム以上の大粒そろいの房、「特秀Gクラス」のルビーロマン。

    気になる値段は…

    初セリ「130万!ありがとうございました。」

    今年は去年の過去最高額である120万円を上回る、ひと房130万円で競り落とされました。

    競り落としたのは石川県能登町と金沢市で旅館を経営する「百楽荘」で、去年に続いて二年目となります。

    百楽荘 坂本光隆・取締役総料理長「暗いニュースばかりだが、明るいニュースを石川から全国へ発信できるということで、生産者の希望の光になればなと思う。」

    ルビーロマン研究会 大田昇・会長「びっくりしているが逆にコロナの代わりに頑張れやという合図かなと思う。」

    JA全農いしかわでは今シーズン、およそ26000房の出荷を見込んでいます。

    引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/42bfe9d696cf4f510ab60f9c632637027a3a8e2f


    【【中国の反応】中国人「日本の超高級ブドウがすごすぎる!」】の続きを読む

    kilyohou

    ブドウの品種として知られている巨峰。

    実は、この名前は身が大きいからではなく、当時開発を担当していた研究所から富士山が見えたため、名付けられました。そんな巨峰は、アジア最大の品種ということもあり、ブドウの王様として1960年代に中国に導入されました。

    あるスレ主がこの事を紹介したところ、多くの方を驚かせたようです。しかし、それは名前の由来ではなく・・・


    【【中国の反応】中国人「巨峰って日本のものだったのね・・・」】の続きを読む

    このページのトップヘ