大陸日報

一般生活関連の反応を取り上げます

    カテゴリ: 小記事


    !中国語音声注意!

    スレ主が日本のすき焼きを動画で紹介しています。

    多くの反応がありましたのでその一部をご紹介します。

    すき焼きは、寿喜焼と書くそうです。

    【小記事【中国の反応】中国人「日本のすき焼きは高くて手が出ないよ・・・」】の続きを読む

    昔トリビアの泉でやっていたカブトムシトーナメントを思い出す

    【小記事【中国の反応】中国人「カブトムシがかっこいい!」】の続きを読む

    unagi

    洪水被害のお話。
    熊本で有名なウナギ屋さんで100年継ぎ足してきた秘伝のタレが流されてしまったようです。100年の歴史があるタレということで中国でも報道されましたのでその反応の一部をご紹介します。

    ―朝日新聞デジタル引用―

    豪雨災害に見舞われた熊本県人吉市では、創業112年の老舗うなぎ店「上村(うえむら)うなぎ屋」が浸水した。観光客らが行列をつくることもある人気店。創業以来守ってきた「秘伝のたれ」が、泥水とともに流れた。

     「見る影もなくなっちゃったね」。9日朝、泥水が床一面に広がる一室で、店を切り盛りする上村恵子さん(68)がため息をついた。5日前まで厨房(ちゅうぼう)だった場所には、作業台や食器が散らばっていた。

     上村さんは4日午前7時ごろ、自宅から従業員4人と店の様子を見に向かった。着いた途端、ひざ下まで濁流が流れ込んだ。「扉閉めて!」。従業員の叫び声が響くなか、水は扉を突き破った。慌てて3階に避難したが、数分で2階の床上30センチほどにまで達した。

     水が引き始めた午後3時ごろ、1階に下りると、たれが入った鍋はひっくり返り、中身が流れ出して空っぽになっていた。水槽を泳いでいた約200匹のうなぎは大半が逃げたり死んだりし、残っていたのは3匹だけだった。

     上村さんの夫で、3代目店主の由紀穂(ゆきほ)さん(70)は家の浸水で店にたどり着けなかった。店内を見たのは5日昼。「涙も出ない、言葉も出ない。笑うしかなかった」

     店は由紀穂さんの祖父が1908年に始めた。午前7時に店に入り、仕込む。毎日200匹のうなぎをさばき、昼には恵子さんの手作り弁当を2人で食べるのが数十年来の日課だった。

     たれは祖父の代から受け継がれた店の宝。鹿児島や宮崎産のうなぎを炭火でじっくり焼き上げ、仕上げにさっと塗ることで、甘じょっぱい味になる。地元客や観光客に人気だった。

    引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/8ff2af2773fa75e03ca0a7b6e2013d5d7cf94f30


    【小記事【中国の反応】中国人「日本で100年以上の歴史を持つウナギ屋さんで秘伝のタレが流されたらしい・・・」】の続きを読む

    masuku
    masuku.jpg2

    とある人物が興味深いマスクを作成したところ、それが中国のネットに流れ着いたところ、大きな話題になりました。

    今回はその反応の一部をご紹介します。


    【小記事【中国の反応】中国人「日本人がまた変なもの作ってる!」】の続きを読む

    Twitterで大人気になった動画が中国に流れ着いたようです

    どこの国でも可愛い子は愛されるもんですね

    追記

    (龍)猫についての解説

    もともとはトトロを表す単語でしたがやがてはそのトトロに似ている、もしくはモデルとされているチンチラ自体を指すようになったようです。なお鼠了が正式名称です

    【小記事【中国の反応】中国人「日本のチンチラでも見て癒されようぜ」】の続きを読む

    このページのトップヘ