kakuge

日本のゲームメーカーで作る日本格ゲーメーカー連合会が8月1日に生配信をすることを発表しました。

日本の格ゲーは中国でも人気があり、一部ファンの間で新作情報がでるのではないかと噂されているようです。今後eスポーツの主力コンテンツになる可能性もあるので
短いですが一部翻訳しましたのでご紹介いたします。

 

4gamer.net引用―

日本格ゲーメーカー連合会には,バンダイナムコエンターテインメントに加え,アークシステムワークス,アリカ,SNK,カプコン,コーエーテクモゲームスという,格闘ゲームを制作する国内メーカーが参加している。

 配信では,それぞれのメーカーから格闘ゲームタイトルのプロデューサーやディレクターが出演し,格ゲー業界やeスポーツについてのトークを展開するほか,さまざまな格闘ゲームの最新情報を届けるという。

・配信概要

■番組名:「日本格ゲーメーカー連合会」

■日時:81()午前9:00[日本時間]予定

■日本語版配信チャンネル: ※以下のチャンネルすべてで同一の映像が流れるとのこと

tekkenchannel

arcsystemworks

Capcom Fighters JP

DEAD OR ALIVE Channel

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

アークシステムワークス、アリカ、SNK、カプコン、

コーエーテクモゲームス、バンダイナムコエンターテインメント参戦!

「日本格ゲーメーカー連合会」生配信が

81()9時~配信決定!

日頃は株式会社バンダイナムコエンターテインメントをご愛顧いただきましてありがとうございます。

81()午前9[日本時間]より、アークシステムワークス、アリカ、SNK、カプコン、コーエーテクモゲームス、バンダイナムコエンターテインメント(順不同)による「日本格ゲーメーカー連合会」のインターネット生配信が決定いたしましたのでお知らせいたします。

画像(002)「日本格ゲーメーカー連合会」による生番組が81日に配信。格闘ゲームを制作する国内メーカーのキーマンが集結し,トークや最新情報を展開

本配信では、対戦格闘ゲームを制作・販売する日本国内メーカーから各タイトルのプロデューサーやディレクターが参加し、ユーザーより事前に募集した格ゲー業界やesportsなどのテーマについて、現場担当者ならではの目線でトークを行います。バンダイナムコエンターテインメントからは、PlayStation 4/Xbox One/Steamで好評発売中の3D対戦格闘ゲーム『鉄拳7』より原田勝弘プロデューサー、武器格闘アクションゲーム『ソウルキャリバー6』より大久保元博プロデューサーが参加し、両タイトルの最新情報もお届けいたします。

今後も本配信の続報をお届けいたしますのでお楽しみに!

引用元:https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20200727034/


本日人気の記事です




中国人の反応


1中国人1

ジョイスティック一本を作るたびに
一体のドラえもんが犠牲になっている・・・

 


2.中国人2号

↑犠牲になるのは尻尾だけなのでは??

 


3.中国人3号

↑尻尾はスイッチになっているんだぞ
ロボットはスイッチが切れたら死んでしまうぞ!

 


4.中国人4号

バンダイナムコは、そろそろドラゴンボールの新キャラについてなにか発表しろー!

 


5.中国人5号

任天堂がいないのになにが格ゲーメーカー連合会だ

 


中国人6号

発表タイトル予想

鉄拳8 kof15ストリートファイター6 doa7





引用元:

https://weibo.com/6247019417/Jd9B6vML4?refer_flag=1001030103_&type=comment#_rnd1595866486511